株式会社アンビション - ソーシャルゲーム・オンラインゲーム・モバイルゲームの企画・プランナー・グラフィックデザイン・プログラマー・ネットワークエンジン
先輩インタビュー > プログラマー K.T
入社後、説明会の時に感じた通りの会社の雰囲気でした

最初は友達から可愛いゲームがあると「まぞくのじかん」を勧められたのがきっかけでアンビションを知りました。 その後、学校で説明会と一次面接を同時に開催すると知り、一次面接までしてくれるみたいだし、とりあえず受けてみようという軽い気持ちで申し込みました。 説明会の時点で会社の雰囲気が楽しそうだなという印象を受けたので、内々定通知をいただいた時はすぐに決めました。実際に入社後、説明会の時に感じた通りの会社の雰囲気でした。 上司の方も気さくに話しかけてくださって、とても馴染みやすかったです。

ユーザーさんの反響を見て、担当者としてやって良かったと感じた

以前は既存コンテンツで開発を行っていましたが、現在は新規コンテンツへ配属となり、開発業務を行っています。 既存コンテンツに所属していた時は、ある機能を新たに追加した際に、SNS等でユーザーさんが盛り上がっているのを見て、担当者としてやってよかったなぁと感じました。 あとは自分から提案した案が採用されたりとかすると素直に嬉しいですね。自分から動けば動くほどやりがいを感じる機会は増えていくと思っています。 現在の新規コンテツでは、制作さんやグラフィックデザイナーさん、開発を含め15名ほどのチームで仕事をしています。 社内でもあまりノウハウのない新しい技術を使用していますので、大変な事も多いですが、コミュニケーションが取りやすくとても仕事をしやすい環境なので、楽しく仕事をしています。

何でも積極的にやってみる

自分から積極的に行動を起こせる人は活躍できると思います。 これは就活でも言えると思うのですが、何事にも積極的に取り組める人は様々な経験をしていると思うので自然とチャンスが回ってくると思います。 僕も専門学校に通い始めの頃は、全く積極的ではなく逆に受け身な性格だったのですが、ある人の講演で「とにかく積極性が大事。 プロの目からすれば、よっぽどズバ抜けていない限り学生の技術は一定基準を越えれば同じに見える。だったら次に見るところはその人の人となりになるので、 その時に様々な経験を積んでいた方が目に止まりやすい。そういう人は会社にプラスになるので採用されやすいです。」と言われてから何でも積極的にやってみようと思うようになりました。

失敗をしてきたからこそ今の自分がある

失敗を恐れずチャレンジし、結果失敗したとしても次に活かせるという事は大事だと思っています。 僕も数々の失敗をしてきましたが、今ではあんな事もあったなぁと笑って言えます。(笑い事じゃないような失敗もありましたが…w) 色々失敗してきたからこそ今の自分があると思うので、恐れず色々とチャレンジ出来る人からの応募を待っています!

インタビューTOP
採用担当SNS Account Twitter Facebook